京都地裁

京都地裁

 京都府福知山市で2013年、1歳7カ月の三女を窒息死させたとして、傷害致死罪に問われた母親(30)の裁判員裁判の判決が11日、京都地裁であった。柴山智裁判長は一部の起訴内容については認定しなかった上で「無抵抗の子に一方的に暴行を加えており刑事責任は重い」として懲役4年6月(求刑懲役7年)を言い渡した。

 弁護側は即日控訴した。被告は弁護人を通して「自分はやっていない。子どもたちのためにも最後まで闘う」とコメントした。

 被告は一貫して無罪を主張。公判では、犯行を目撃したとする当時15歳だった被告の妹(21)の証言の信用性が最大の争点だった。柴山裁判長は「三女を毛布で包み込んで、その四隅をゴムで縛るという目撃証言は客観証拠と整合している」と認定。供述の変遷や一部で虚偽供述の可能性を認めながらも、「供述の根幹部分は一貫しており、信用性を損なうものではない」と指摘した。

 動機は「三女が育てにくいという育児上のストレスが原因」と推察した。日常的な虐待は認められないとした。

 起訴状では、三女の口にウエットティッシュ様のものを詰め込む暴行があったとされたが、「詰め込んだことを裏付ける証拠はなく、妹の証言は推測にとどまる」として認定しなかった。

 判決によると、被告は13年5月16日未明、福知山市の自宅で、三女が泣き出したことをきっかけに、全身を毛布で包み込んでヘアゴムで縛るなどの暴行を加え、窒息死させた。

 判決後、会見した弁護人は「一部の供述には虚偽や変遷を認めながら、根幹部が一貫しているという理由での事実認定は不当。育児のストレスという動機は被告や妹も証言していない」と述べた。