10月以降の価格は税率引き上げ分が転嫁される王将の餃子

10月以降の価格は税率引き上げ分が転嫁される王将の餃子

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは、全国500カ所以上の直営店全てで今月中にクレジットカードと電子マネー決済を導入する。キャッシュレス決済の普及を受け、現金精算しか対応していない店舗をなくす。

 国内の直営店は8月末現在で517店。フランチャイズ店舗は212店。これまで商業施設内にある店舗などではキャッシュレス決済に対応していたが、来店客の利便性向上のため、全店導入を決めた。

 10月1日の消費増税と同時に始まるキャッシュレス決済時のポイント還元制度は、直営店は大規模事業者に該当するため対象外。フランチャイズ店は2%還元の対象になるが、キャッシュレス決済やポイント還元制度の対応判断は、各店舗に委ねるという。

 また、看板メニューの焼き餃子(6個)の10月以降の店内飲食価格は税率引き上げ分を転嫁し、近畿や東海の店舗は税込み237円から242円に改める。