滋賀県愛荘町

滋賀県愛荘町

 滋賀県愛荘町で、2018年の町議選に立候補して落選した男性(65)の後援会が、新型コロナウイルス対策の使い捨てマスクを地元の選挙区内に配布していたことが12日までに分かった。町選管は、有権者への寄付行為を禁じる公職選挙法に抵触する可能性があるとしている。

 関係者によると、5月6日、男性の後援会メンバー6人が、山川原地区の全110世帯に、感染防止対策を呼び掛けるチラシとともにマスクを2枚ずつ配った。

 男性は「たまたま親戚から多めにマスクをもらったため、配布を提案した。法に触れる認識はなかった」と釈明し、今後、配った世帯に謝罪に回るとしている。