優勝した愛知(西京極陸上競技場)

優勝した愛知(西京極陸上競技場)

 皇后杯第37回全国都道府県対抗女子駅伝(日本陸連主催、京都新聞・NHK共催、村田機械協賛)は13日の午後0時半にスタート、5区の折り返し地点では愛知と京都がデッドヒートを繰り広げ、第8中継所でタイム差ゼロ、日本代表経験者が名を連ねる最終9区(10キロ)で、京都の一山麻緒と、リオデジャネイロ五輪代表で愛知の鈴木亜由子が競り合うアンカー勝負に。優勝したのは愛知だった。タイムは2時間15分43秒。愛知の優勝は3年ぶり、2度目。

 2位は地元の京都、3位大阪、4位兵庫。

 レースは西京極陸上競技場を発着点に国立京都国際会館前で折り返す9区間、42・195キロで競われた。(記録は速報値です)