踏切で渋滞する近鉄寺田駅前の府道(京都府城陽市寺田)

踏切で渋滞する近鉄寺田駅前の府道(京都府城陽市寺田)

 京都府城陽市議会の建設委員会が12日開かれ、市が、市内での近鉄京都線の高架化に向けた予備調査結果を公表した。国の補助事業に採択される要件を満たし、工法上も可能なことは判明したが、費用対効果から当面の事業化は難しいとの見通しを示した。

 府に事業化を要望する際に使うデータを得るため、市が2017~19年度に調査した。その結果によると、久津川駅-富野荘駅間、久津川駅-寺田駅間、寺田駅周辺-の3ケースが国の採択要件を満たすと分かり、工法上も可能だった。

 一方、事業費は150億~480億円かかる。通行する車や人の時間短縮、踏切事故の減少など高架化による利益を調べたところ、費用対効果の指標は最大で目標値の約半分にとどまったという。「現時点では、新名神高速道路の全線開通に伴うまちづくりをしっかりと進める」と結論づけた。

 委員会では事業化への見通しについての質問が相次いだ。市都市整備部の森島正泰部長は「(費用対効果の)指標を達成するには、今のまちづくりを成功させ、道路の交通量を増やさないといけない」と強調した。