日本相撲協会は13日、高田川部屋の三段目力士、勝武士が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全で死去したと発表した。この力士は4月10日に相撲協会員で初の感染が確認されていた。