立憲民主党など野党4党の党首は13日、国会内で会談し、国家公務員法改正案から検察官の定年延長規定を除外しない限り、採決は認められないとの認識で一致した。