全国都道府県対抗女子駅伝で5位の千葉は昨年の12位から大きく前進した。6区内藤早紀子主将(パナソニック)は「タイムを気にせず突っ込んだ」と2位に引き上げると、7区山崎りさ(成田高)ら終盤の3人が上位をキープ。内藤は「昨年は悔しい思いをしたが、中高生が頑張ってくれた」と結果に満足していた。