名古屋市中区の居酒屋の予約客を横取りしようと、客に「この店はコロナでやっていない」などとうそをついて店の信用を損ねたとして、愛知県警中署は14日、信用毀損の疑いで、別の居酒屋で客引きをしていたアルバイトの少年(19)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は3月17日午後6時半ごろ、ビルの1階で、居酒屋を訪れようとしていた客にうそをつき、居酒屋の営業上の信用を損ねた疑い。

 中署によると、客が来ないのを不審に思った居酒屋が電話で確認。客は、店は営業していないと聞き、少年の店で飲食した、と回答したという。