開館30周年を迎えた京都市左京区の市国際交流会館は、記念イベントを22日に催す。ファッションショーや意見交換会、親子向けイベントなどを企画する。

 同会館は1989年の開館以来、市民の国際交流の拠点として取り組みを進めてきた。

 当日は同館の事業に協力するボランティアに感謝を伝えるセレモニーを午後1時から開催。合唱や、民族衣装を着た子どもたちによるファッションショーを行い、30年目のメッセージを発表する。

 午後2時からは「子どもの育ちと親の言葉」と題した意見交流会(定員50人、要申し込み)を開き、外国にルーツを持つ子どもたちの文化や言葉の継承について話し合う。中国、ベトナム、カザフスタンなどの絵本の読み聞かせ、歌や遊びを楽しむ親子向けプログラムもある。

 申し込み問い合わせは市国際交流協会075(752)3010。