冷たい水に入り、空手の寒稽古に励む子どもたち(京都市右京区)[LF]

冷たい水に入り、空手の寒稽古に励む子どもたち(京都市右京区)[LF]

 陰陽流拳法空手術道(京都市左京区)の寒稽古が13日、右京区の嵐山中之島公園や渡月橋西側の桂川であった。寒空のもと、子どもたちが気合の入った技で心身を引き締めた。

 45年以上この時期に行っている。今年は2~76歳の門下生約420人の男女が参加した。

 同公園で基本動作を確認した後、浅瀬から川の中へ入った。子どもたちは「冷たい」と声を上げながらも、稽古が始まると「えい、えい」と力強いかけ声を出し、拳を突き出す動作や足を蹴り上げる技を繰り返した。

 桂坂小2年の男児(8)は「始めは寒かったけど、だんだん慣れて元気にできた。勉強と空手を頑張る一年にしたい」と話した。