茨城国体は14日、茨城県の山新スイミングアリーナなどで5競技が行われた。

 競泳の成年女子200メートル個人メドレーは、世界選手権400メートル個人メドレー銅メダルの大橋悠依(滋賀・イトマン東進、草津東高―東洋大出)が2分9秒00の大会新で制し、同100メートルバタフライも58秒46で優勝した。

 大本里佳(京都・イトマンSS、中大、立命館高出)が成年女子200メートル個人メドレーで2位に入った。