新型コロナウイルスの影響で学生のアルバイト先に休業が広がっていることを受け、京都市は15日から、大学生らを対象にした非常勤職員の臨時募集を始める。国民1人当たり10万円を支給する特別定額給付金の事務補助などの仕事に就いてもらう。

 市内の大学、大学院、短期大、専修学校に通う学生か市内在住の学生が対象。アルバイト先の休業や雇い止め、勤務の減少で経済状況が悪化していることが条件という。
 定員は約70人。時給961円で勤務時間は1日当たり7時間45分。今月下旬から6月末ごろまで週1~2日働くことができ、月8日勤務すると約6万円になる。
 募集は15日午後1時から22日正午まで。応募は市ホームページ(京都市情報館)の行財政局人事課の入力フォームから。選考は入力内容と電話での面接で行う。応募多数の場合は途中で受け付けを中止する。
 問い合わせは市人事課075(222)3232。