京都地検

京都地検

 京都地検は14日、偽計業務妨害の疑いで逮捕された城陽市の男性(59)を不起訴処分(嫌疑不十分)とした。地検は「犯罪事実を立証するに足りる十分な証拠の収集に至らなかった」としている。

 男性は、3月31日に城陽市内のコンビニエンスストアで女性従業員に、「僕はSARS(重症急性呼吸器症候群)ですので消毒してください」などと暗に感染症にかかっていると告げ、店内を消毒させて業務を妨害したとして、城陽署に逮捕された。