京都府

京都府

 京都市下京区屋形町で10日にマンション1室が全焼して住人男性(48)が死亡した火災で、市消防局の救助隊員が施錠されていた玄関ドアをエンジンカッターで切った際、室内のドア近くで倒れていた男性の体の一部を誤って傷付けていたことが14日、同局への取材で分かった。

 同局によると、救助隊員がドアを開けるため、高さ約1メートルの位置にあるドアノブ付近に三角形の切り込み(一辺20~30センチ)を入れた際、男性が近くで倒れていたのに気づかず、エンジンカッターの刃が体に接触した。

 男性は床に衣類などが高さ1メートルほど積み上がった上に倒れていたという。同局は傷の部位や程度を明らかにしていない。

 京都府警下京署によると、司法解剖の結果、男性は救助活動の前に死亡していたとみられ、死因は一酸化炭素中毒だった。

 京都市消防局は「活動は適切だったが、あってはならないこと。想定外の場所に男性がいた」とし、全救助隊員を対象に再発防止訓練を行うとしている。