ゲームキャラクターをあしらった痛車の前で写真を撮る来場者(舞鶴市北吸・舞鶴赤れんがパーク)

ゲームキャラクターをあしらった痛車の前で写真を撮る来場者(舞鶴市北吸・舞鶴赤れんがパーク)

 イベント「コスプレ痛車(いたしゃ)フェスティバル」が15日、京都府舞鶴市北吸の舞鶴赤れんがパークで開かれた。ゲームやアニメのキャラクターを描いた車「痛車」45台が全国から集結。ファンたちが、赤れんがの建物を背景にコスプレイヤーとの写真撮影を楽しんだ。

 痛車は茨城県や愛媛県から集まった。旧日本海軍の艦艇を擬人化したゲーム「艦隊これくしょん―艦これ―」のキャラクターを車体にあしらった車などが並んだ。来場者は、痛車とポーズを取るコスプレイヤーをカメラで撮ったり、車の持ち主にこだわりを聞いたりしていた。

 イベントはアニメファンでつくるサークル「チームオレンジロード」が企画した。