こくはた・まさき 1988年生まれ。専門は日本史(中近世移行期)。高知県立歴史民俗資料館で『大政奉還を「象(かたど)」った男 後藤象二郎』『遠流の地 土佐』などを担当。2016年から現職。

 新型コロナウイルス感染の流行はいつまで続くのだろうか。高知県立歴史民俗資料館(高知県南国市)の企画展「遠流(おんる)の地 土佐」では、3月10日までの会期を全うすることなく、3月5日で閉幕した。

 企画展の準備をしたものの、全く開館することなく閉幕を迎える博物館が増えている現状からすれば、会期のほとんどを終えることができ、幸いであったのかもしれない。

 この企画展では、古代から日本で行われた刑罰である流罪をテーマに取り上げた。流罪には、罪の軽重によって「近流(こんる)」「中流(ちゅうる)」「遠流」があった。土佐(高知県)はその中でも最も重い「遠流」に規定されていたことに因んだものである。

 京都からも、多くの人々が土佐へ流されている。その一人が土御門上皇である。父の後鳥羽上皇と弟の順徳天皇が、1221(承久3)年に鎌倉幕府打倒を画策して「承久の乱」を起こしたことが影響し、土佐へ配流(はいる)となった。その後、土佐は遠すぎるという理由で阿波(徳島県)へ移され、同地で亡くなった。

 展示で特別協力をいただいた冷泉家時雨亭文庫(京都市上京区)は、土御門上皇が配流中に土佐で詠んだ和歌が載る「土御門院御集」と、上皇の女官が記した「土御門院女房(日記)」を所蔵している。それらを四国で初めて公開できた。

 作品返却に訪問した際には「このように取り上げられて土御門上皇も喜んでいらっしゃるだろう」と言われ、改めて開催の意義を実感した。

 ところで、土御門上皇のように、配流地で無念のまま亡くなった人がいた一方、罪を許され土佐での観光を楽しんで帰京した人もいる。その一人が江戸時代の公家である滋野井実光だ。

 1664(寛文4)年、滋野井は素行不良との理由で土佐藩へ配流となった。土佐では外出はもちろん、手紙のやりとりなども制限された。他方、京都の文化人であるためか隠居中の前藩主山内忠義や町人がたびたび屋敷を来訪しており、土佐人と交流していた。

 約3年の配流生活を経て、滋野井は罪を許された。すると、土佐藩から当分の間の衣類、朝廷に参内する際に身につける装束が贈られた。さらに、土佐の景勝地であり、古くからの名刹(めいさつ)が残る吸江や五台山(高知市)を見物して帰京したという。

 コロナウイルスの感染拡大が終焉した暁には、ぜひ皆さまもかつての遠流の地に「配流」ではなく、「観光」に訪れてもらいたい。(高知県立歴史民俗資料館学芸員)