府の対策本部会議で発言する橋本教育長(15日午後3時17分、京都市上京区・府庁)

府の対策本部会議で発言する橋本教育長(15日午後3時17分、京都市上京区・府庁)

 京都府教育委員会は15日、新型コロナウイルスの影響で31日までの予定で休校している府立高校、同付属中について、府北部の丹後、中丹の両通学圏の学校を対象に25日から前倒しで再開すると発表した。18日から週3日以内の登校日を設け再開に向けた段階的な教育活動を実施する。

 丹後(宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町)、中丹(福知山市、舞鶴市、綾部市)の両通学圏は感染者の発生が少ない地域の状況を考慮して判断した。

 北部以外は6月1日からの再開を想定し、登校日を今月18日から週1日、25日から週3日以内で設定する。特別支援学校は府内全域で6月1日からの再開とし、25日から週3日以内の登校日を設ける。

 部活動は学校再開の1週間後から条件付きで行えるようにする。感染予防のため活動は2時間以内とする。