「緑寿庵清水」から金平糖を受け取る石丸理事長(左)=京田辺市田辺・田辺中央病院健康管理センター

「緑寿庵清水」から金平糖を受け取る石丸理事長(左)=京田辺市田辺・田辺中央病院健康管理センター

 新型コロナウイルスの感染対策などで負担が増す医療従事者らを応援しようと、金平糖(こんぺいとう)の老舗「緑寿庵清水」(京都市左京区)はこのほど、京都府京田辺市の医療法人「石鎚会」と社会福祉法人「やすらぎ福祉会」に菓子を贈った。

 同社は以前から両法人と親交があり、「大変な時期で、お花見もできなかったのではないか」と桜をイメージした金平糖1300個を贈った。

 田辺中央病院を訪れた緑寿庵の清水泰博社長は「最前線で治療に取り組む人たちに感謝を示したいと思った。少しでもやすらいだ気持ちになってもらえれば」と話した。

 石鎚会の石丸庸介理事長は「励ましをもらえ、一粒食べれば、みんな元気が出ると思う。地域のみなさんからマスクやフェースシールドなどさまざまな支援を受けており、感激しています」と話した。