安原弘展ワコールHD社長

安原弘展ワコールHD社長

 ワコールホールディングス(HD)とグンゼは15日までに、新型コロナウイルス感染症に伴う市場環境の悪化を踏まえ、取締役ら役員の月額報酬のうち30~20%を5月から6カ月間、減額することを決めた。

 対象はワコールHDとワコールの社長ら取締役(社外取締役除く)11人、監査役(同)3人の計14人で、総額6千万円。グンゼは社長ら取締役(同)8人。両社ともコロナ禍の影響を大きく受けており、2020年3月期はワコールHDは実質減益。グンゼは最終増益を確保したが、進行中の中期経営計画について22年3月期までの1年間の期間延長を決めた。