舞鶴市役所

舞鶴市役所

 京都府舞鶴市は16日、防災行政無線で大雨暴風警報の発令を伝える放送を市内全域に誤って流した、と発表した。

 市によると、15日午後11時59分ごろ、「舞鶴市に大雨暴風警報が発令されました。今後の気象情報に十分注意してください」という音声が屋外スピーカーと屋内個別受信機計173カ所から2回流れた、という。当時、警報は発令されておらず、原因を調べている。
 市には、事実を確認する問い合わせが数件寄せられたという。