【資料写真】陸上自衛隊大久保駐屯地(京都府宇治市広野町)

【資料写真】陸上自衛隊大久保駐屯地(京都府宇治市広野町)

 陸上自衛隊大久保駐屯地(京都府宇治市)は17日、第3施設大隊2等陸士男性(20)と同隊3等陸曹男性(32)をいずれも懲戒免職処分にしたと発表した。

 同駐屯地によると、2等陸士は4月13日、宇治市内の大型量販店で、食料品など約40点(計約1万4千円相当)を盗んだとして窃盗容疑で書類送検され、不起訴処分になった。3等陸曹は6月4日午後0時50分ごろ、同僚隊員のロッカーから計2万2千円を抜き取ったとして、窃盗容疑で書類送検した。

 同隊の工藤健太郎大隊長は「このような事案が発生しないよう個々に対する教育および指導を徹底する」とコメントを出した。