白熱したプレーを見せる選手たち(野洲市北桜・県希望が丘文化公園野球場)

白熱したプレーを見せる選手たち(野洲市北桜・県希望が丘文化公園野球場)

 第40回県勤労者選抜早朝野球選手権大会(京都新聞主催)の準決勝と決勝戦が15日、滋賀県野洲市北桜の県希望が丘文化公園野球場で行われ、決勝で飛田クラブ(栗東市)が2―0でリッチウェーブス(野洲市)を下し、6年ぶり12回目の優勝を果たした。

 準決勝第1試合は飛田クが大石ビッグストーン(大津市)に8―1で五回コールド勝ち。第2試合はリッチウェーブスがROCKS(守山市)を7―5で破った。決勝は、飛田クが初回に2点を先制し完封勝ちした。