滋賀県近江八幡市は18日、同市西生来町の市道武佐老蘇線連絡道路の橋梁(きょうりょう)設計業務委託の入札について、予定価格の積算にミスがあったとして業者の落札を取り消したと発表した。

 市によると、入札は17日に行われ、11業者が参加した。落札後に参加業者から指摘を受けて調べたところ、本来加算すべき数値を誤って乗算していたことが分かったという。市は関係業者に謝罪し、再入札を実施する予定。