近江八幡市立総合医療センター

近江八幡市立総合医療センター

 滋賀県の近江八幡市立総合医療センターが12日、院内のトイレに仕掛けられた盗撮用のカメラを見つけ、近江八幡署に通報していたことが18日、京都新聞社の取材で分かった。30代の男性看護師がカメラを取り付けたことを認め、センターは聞き取りが終わり次第、懲戒処分する方針。

 センターによると、12日、職員がトイレを利用する際、カメラに気付いた。男性看護師が「自分が設置した」と申し出たという。
 センター総務課は「再発防止に努めていく」としている。