仁和寺・二王門(左)近くに位置するホテルの建設予定地=京都市右京区

仁和寺・二王門(左)近くに位置するホテルの建設予定地=京都市右京区

 京都弁護士会に所属する弁護士64人が18日、京都市右京区の世界遺産・仁和寺の門前で計画されているホテル建設を巡り、認可に必要な同意を行わないよう市建築審査会に要望書を提出した。


 弁護士らによると、建設予定地は建築基準法で床面積3千平方メートル以下に制限されているが、今回のホテルは市の特例制度を利用して5800平方メートルの規模で計画しているという。
 要望書では、特例制度で立地を優遇するのは疑問と指摘。また同ホテル建設は世界遺産を保護するバッファゾーン(緩衝地帯)の環境を変質させるなどと訴えている。
 市が2018年7月に市建築審査会へ事前相談の報告をして以降、同会ではこの計画の審議はしておらず、市建築指導部は「いつ審議してもらうかは未定」としている。