昨年12月に京都向日町競輪場で開催された自転車BMXの大会(京都府向日市)

昨年12月に京都向日町競輪場で開催された自転車BMXの大会(京都府向日市)

 京都向日町競輪場(京都府向日市寺戸町)に練習場が設置されている自転車BMXについて、向日市は地域スポーツとして普及を進める検討を始めた。競輪場を所有する府と協議し、BMXの振興を模索する。

 市は、健康増進策として市民のスポーツ参加を呼び掛けてきた。BMXは東京五輪の新種目として採用されており、昨年12月に向日町競輪場内に練習場「サイクルパーク京都」が設置されたことから検討を始めた。ほかの自転車競技の種目とともに、市民への普及や競技人口の拡大など、地域スポーツとしての振興を目指す。

 市が参考にしているのは大阪府岸和田市の「サイクルピア岸和田」。岸和田競輪場に隣接しており、施設内でBMXのコースが設置されている。選手会が立ち上げたNPO法人がコースを運営しており、大会や初心者向け教室を定期開催し、利用者の拡大が進んでいる。

 向日町競輪場は京都府が運営しており、向日市は「府の意向が前提」として協議を始める予定。その上で「可能であれば有力選手の支援なども働きかけ、市のPRにもつなげたい」としている。