滋賀県警彦根署

滋賀県警彦根署

 滋賀県警彦根署は21日、彦根市の女性(79)が投資名目で名義貸しを持ちかけられ現金2100万円をだまし取られたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、女性宅に7月下旬、実在する証券会社を名乗る男から「南アフリカの通貨を600万円分購入するための名義を貸してもらえないか」と電話があり、承諾した。数日後に関連会社を名乗る男らから「名義貸しは犯罪」「あなた自身が購入するしかない」などと複数回電話があり、女性は8月3日から9月2日の間、6回にわたって東京都内のアパートの一室などに計2100万円を宅配便で送ったという。