男子 バイクの先頭集団で走る古谷(2)=大阪城公園

男子 バイクの先頭集団で走る古谷(2)=大阪城公園

男子 ゴール前のデッドヒートでわずかに及ばず、6位となった山本(右)=大阪城公園

男子 ゴール前のデッドヒートでわずかに及ばず、6位となった山本(右)=大阪城公園

 トライアスロンの「NTT ASTCアジアカップ大阪城」は22日、大阪城公園と周辺特設コース(25・75キロ=スイム0・75キロ、バイク20キロ、ラン5キロ)で行い、男子の古谷純平(三井住友海上、洛南高―早大出)は56分28秒で2位に入った。北條巧(博慈会・NTT東日本・NTT西日本)が56分3秒で優勝。山本康貴(AS京都)は6位だった。

 女子はソフィー・リン(オーストラリア)が1時間2分31秒で制した。京都勢は加後美咲(奈良教育大院・AS京都)の12位が最高だった。

 五輪などの半分の長さのスプリントディスタンスで行い、スイムは大阪城の東外堀を泳ぐ特設コースで行われた。