友好都市の中国・咸陽市から届いたマスク。ダンボールには「互いに助け合おう」などを意味するメッセージも添えられている(宇治市宇治、市役所)

友好都市の中国・咸陽市から届いたマスク。ダンボールには「互いに助け合おう」などを意味するメッセージも添えられている(宇治市宇治、市役所)

 京都府宇治市にこのほど、「新型コロナウイルスの感染防止に役立ててほしい」と友好都市の中国・咸陽(かんよう)市からマスク7200枚が届いた。宇治市が1月末に備蓄マスク4千枚を咸陽市に寄付したお返しといい、密接な関係で助け合おうという意味の「一衣帯水 守望相助」というメッセージが添えられている。

 両市は1986年に友好都市関係を結び、訪問団を送り合うなど交流を続けている。新型コロナが中国で猛威を振るっていた1月末、宇治市がマスクを贈ると、今度は4月下旬に咸陽市側からマスク寄付の申し出があった。
 7200枚のマスクは咸陽市人民対外友好協会から、5月19日に宇治市に届いた。市秘書広報課は「長年の友好関係があればこその寄付だと思う。マスクという物資はもちろん、助け合いの気持ちもありがたい」とする。市は市内の福祉施設に配る予定。