深夜のコンビニエンスストアとタクシー(京都市中京区)

深夜のコンビニエンスストアとタクシー(京都市中京区)

 消費税率の8%から10%への引き上げが迫る。コンビニエンスストアやカラオケ店など、9月30日から10月1日に日付をまたいで営業する店舗や事業者は多い。それぞれ、どの時点で税率を切り替えるのだろう。

 身近な24時間営業店といえばコンビニ。セブン―イレブン・ジャパンを運営するセブン&アイホールディングスによると、レジで1点目の商品の価格をスキャンした時間が30日中であれば、残る商品の処理が翌1日になっても全品を消費税率8%で扱う。この対応は、大手のローソンやファミリーマートも同様だ。

 一方、関西で24時間営業スーパーを運営する企業は「税率を切り替える対応のため、日付が変わるタイミングで一度店を閉めることになりそう」とする。

 日付をまたぐ利用料金はどうなるのか。京滋など全国でカラオケ店「ビッグエコー」を運営する第一興商(東京)は、30日夜から翌1日未明の利用は、税率8%にする。仮に営業時間が午前11時~翌午前5時であれば、たとえ10月1日午前1時に入店しても、9月30日の「営業日」とみなすからだ。

 ただ、季節ごとに変える料金に合わせ、値上げや据え置きといった価格設定を増税前に済ませているカラオケチェーンもある。

 タクシーは事情が違うようだ。地場最大手の彌榮自動車(京都市下京区)によると、運賃は車両の「出庫」時点で変わるという。同社は複数の運転手が1台の車両を交代で運転し、乗務を終える際に車庫に戻る。10月1日午前0時以降に車庫を出るタクシーから、税率が引き上げられる。日付をまたいで乗務する運転手もいるため、1日未明には消費税率8%の運賃と10%の運賃の車両が混在することになる。

 では、宿泊を伴うホテルはどうなるのか。リーガロイヤルホテル京都(下京区)は、30日にチェックインし、翌1日にチェックアウトする場合の税率は8%となる。月をまたいで連泊する場合には、1日以降に宿泊する料金から10%に変わる。

 気を付けたいのは、チェックインが1日未明にずれこむ場合だ。同ホテルは1日午前0時半~同1時半の間にシステム上の営業日が変わるため、日付変更から30分程度は税率8%で料金精算できるが、それ以降は10%になるという。