閑散とするJR博多駅の新幹線ホーム=5日

 閑散とするJR博多駅の新幹線ホーム=5日

 JR各社は、新幹線や特急の夏の臨時列車を大幅縮小する。九州新幹線と九州の特急は一切設定せず、ゼロとなる。当面の間、運転計画の公表を見合わせる路線もある。関係者への取材で20日、分かった。例年は5月中に7~9月の計画を示し、お盆休みや週末を中心に運行。昨年は新幹線だけで1万本超に上っていた。JRグループでまとめていた利用者の人数予測も見送る方向だ。

 全国に出ていた新型コロナウイルスの緊急事態宣言が多くの地域で解除されたが、移動自粛や大規模イベントの中止は今後も続く見通し。利用客の回復には時間がかかるとみて、異例の判断をした。