【資料写真】琵琶湖の水泳場と水上オートバイ(2006年撮影)

【資料写真】琵琶湖の水泳場と水上オートバイ(2006年撮影)

 水上オートバイで女性を琵琶湖沖に連れ出し、顔をなめたとして、滋賀県警大津北署は24日、監禁と強制わいせつの疑いで、大阪市北区、無職の男(27)を逮捕した。「覚えていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、8月2日午後2時~同4時半ごろ、大津市北比良の沖合約1・8キロの琵琶湖で、水上オートバイ(定員3人)に乗せた県内の女性(22)を脱出不能の状況にし、女性の右ほおをなめた疑い。

 同署によると、2人に面識はなく、近江舞子水泳場(大津市南小松)で友人女性と一緒にいた女性を、男が誘って水上オートバイで沖合に連れ出した。女性は当初、乗るのを嫌がったが「しつこかったので乗ってしまった」と話しているという。