信楽高原鉄道が駅利用客を対象に運用実証実験を始めた超小型電気自動車(滋賀県甲賀市信楽町長野・信楽駅前)

信楽高原鉄道が駅利用客を対象に運用実証実験を始めた超小型電気自動車(滋賀県甲賀市信楽町長野・信楽駅前)

 信楽高原鉄道(滋賀県甲賀市)はこのほど、信楽地域で超小型の電気自動車(EV)を走らせる実証実験を始めた。信楽駅で乗降客を対象に無償で貸し出し、観光や買い物などに活用してもらう。低炭素社会実現に向けた環境に配慮した移動手段の研究が目的で、公道で広域的に走行する実験は滋賀県内で初めてという。

 実験に使うのはトヨタ車体の1人乗り超小型EV「コムス」。同社から借り受けた2台で始める。来年3月まで実施を予定し、将来の有償での本格導入も視野に利用データを蓄積し、鉄道客の2次交通としての可能性や利用の在り方を検証する。

 貸し出しは先着順で予約不可。利用時間は午前10時~午後3時半。普通自動車免許の所持が必要。コムスは全長約2・4メートル、幅約1・1メートルで最高速度は時速60キロ。家庭用電源で充電でき、十分に充電した状態で約50キロ走行できる。軽乗用車より小回りが利くのが特長だ。

 信楽地域での走行が厳守で、アンケート(記入必須)では利用目的や利用時間、行き先や観光地の満足度のほか、有料貸し出しする際の1時間当たりの妥当な料金を尋ねる設問がある。

 同鉄道総務課は「持続可能な環境保護と観光振興の両立を目指して実証実験を重ね、今後の導入の是非も検討したい」と話している。