臨時休業が続き、静まりかえるマハラジャ祇園の店内(京都市東山区)

臨時休業が続き、静まりかえるマハラジャ祇園の店内(京都市東山区)

休業要請が継続し、営業再開が見通せないフィットネスクラブ(京都市伏見区・FUSHIMITTO)

休業要請が継続し、営業再開が見通せないフィットネスクラブ(京都市伏見区・FUSHIMITTO)

 京都府など近畿3府県に発令されていた新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が解除された21日、京都では商業施設などに営業再開の動きが広がった。一方、府はクラスター(感染者集団)の発生リスクを踏まえ、ナイトクラブなどの休業要請を維持。一部の施設では事業継続への危機感が一段と強まっている。

 「出口が全く見えない。廃業や業態転換も視野に入れざるを得ない」
 京都・祇園で2017年秋にオープンしたディスコ「マハラジャ祇園」(京都市東山区)。4月5日から休業を続ける店内で、広報担当の岩田靖史さん(51)はオーナーの考えを代弁した。大勢の人が密接して踊る施設形態から、府はクラスターの発生を懸念し、引き続き休業を求めた。
 バブル期に一世を風靡(ふうび)したブランドを復活させ、若者や訪日外国人を取り込むなど順調に客足を伸ばしてきたが、コロナ禍で暗転。家賃負担がのしかかり、ネットで広く資金を募るクラウドファンディングも始めた。岩田さんは「お客さんの安全や社会的信用を考えれば、休業要請は無視できない」と話し、政府に営業再開に向けたガイドラインの提示を求める。
 スポーツジムも休業要請が続く。約500人の会員がいるフィットネスクラブ「FUSHIMITTO(ふしみっと)」(伏見区)は、休業中も在宅向けトレーニングを動画で紹介するなど顧客サービスに努めるが、店長の近藤一成さん(32)は「休業が長引けば運動意欲そのものが低下しかねない」と心配する。
 再開の日に向けて換気や消毒の徹底、レッスン時間短縮など感染対策にも知恵を絞ってきた。「どうすれば営業が可能なのか。行政には時期や基準を示してほしい」と訴える。