【資料写真】京都市バス

【資料写真】京都市バス

 京都市バスが赤信号の交差点に進入し、走行中の自転車をはねる事故を起こしていたことが25日、関係者への取材で分かった。自転車の男子大学生(22)=大阪府吹田市=は頭を打ち、軽傷を負った。

 市交通局によると、18日午前10時5分ごろ、中京区河原町通竹屋町交差点で、北向きに走行中の市バスが横断歩道を横断していた自転車をはねた。乗客約10人にけがはなかった。

 市交通局によると、大学生は現在も入院中。けがが軽傷で、公表基準に該当しないとして発表していなかった。同局の聞き取りに対し、市バスの男性運転手(34)は「(赤信号は)見落とした」と説明しているという。同局は処分を検討している。