地下鉄の車両に描かれた落書き(京都市伏見区・市交通局竹田車両基地)

地下鉄の車両に描かれた落書き(京都市伏見区・市交通局竹田車両基地)

 25日午後9時50分ごろ、京都市伏見区の近鉄向島駅で、市営地下鉄国際会館行き電車に落書きがされているのを車掌が見つけた。電車は竹田駅で運行を取りやめたため、この電車を含む市営地下鉄の上下2本が運休し、約2千人に影響が出た。

 市交通局や近鉄によると、落書きは横5・8メートル、縦1・3メートル。車両側面にスプレーのような物でアルファベットを模したとみられる絵が描かれ、色が塗られていた。

 地下鉄と近鉄は相互乗り入れしており、被害を受けた電車は近鉄新田辺発で、午後9時38分に出発していた。その前に国際会館から新田辺まで運行した時には異常は確認されなかった。同駅で折り返しのため約50分間、留置線に停車していた時に落書きされた可能性があるという。

 市交通局は京都府警に被害を届け出ており、警戒を強化する予定という。