ひそかな集まりを密告した者がいたのだろうか。黒川弘務東京高検検事長が、新型コロナ禍で緊急事態宣言下にある東京都内の新聞記者宅で賭けマージャンをしていたと週刊文春に報じられた▼「3密」を避けるよう求められていた時期に密会していたことになる。賭けも認めているという。検察官としては言語道断、辞職するのは当然だ。記者らも「脇が甘い」では済むまい▼黒川氏は安倍晋三政権に近いとされ、定年後の勤務を延長する異例の閣議決定がなされた。検事総長に就任させる密約があったかどうかは定かでないが、この決定を追認するかのような法案が用意され、世論の猛反対で採決が見送られたばかりだ▼まさか今回の事態を察知し、批判を密封するために法案成立を断念したのではなかろう。ただ、勤務延長には与党からも異論が出ていた。決定過程の密室ぶりは明らかだ。その揚げ句の不祥事に、与党も憤りを隠さない▼検察権力まで支配しようとした安倍政権の思惑が裏目に出た形だ。森友問題や「桜を見る会」など首相周辺に密生する疑惑と相まって、不信感はさらに高まろう▼官邸で支持率回復への密議を重ねても、説明責任を果たさなければ国民のうんざり感は解消されない。「密」だらけの政治が続く緊急事態の解除は遠そうだ。