人海戦術で申請書の封入に取り組む職員たち(京田辺市田辺・田辺中央体育館)

人海戦術で申請書の封入に取り組む職員たち(京田辺市田辺・田辺中央体育館)

 京都府京田辺市は22日、1人10万円を支給する「特別定額給付金」の申請書を全世帯に郵送するため、職員延べ200人を動員して封筒に入れる作業を行った。

 市によると、業者に封入を依頼すると数日かかるといい、支給の迅速化を目指して人海戦術を選んだ。中央公民館と田辺中央体育館に分かれ、1日で一気に2万9904通分を仕上げた。
 体育館では「3密」を避け、間隔を空けた机がずらり。各部署の職員たちが黙々と封筒に申請書や記入例を詰めていった。最終確認後、25日に発送するという。