「テツandトモ」が歌って踊るテレビCMの一場面=近江米振興協会提供

「テツandトモ」が歌って踊るテレビCMの一場面=近江米振興協会提供

  近江米「みずかがみ」の新米の発売に合わせ、近江米振興協会(大津市)が滋賀ゆかりのお笑いコンビ「テツandトモ」を起用したテレビCMを制作した。9月9日から約1カ月間、関西の民放4局で放送される。

 おなじみのジャージー姿の2人がみずかがみと「環境こだわりこしひかり」の青と緑のパッケージの後ろから飛び出し、歌い踊りながら近江米の魅力をPRする。両手におにぎりを持ったテツさんが「近江米がおいしいのなんでだろう~」と、うっとりする15秒間の映像となっている。

 県によると、収穫が始まったみずかがみの作柄、品質は良好で、昨年を上回る約1万3千トン(作付面積約3200ヘクタール)の収量を見込む。近江米のCMは5作目で、同協会のホームページでも見ることができる。