【資料写真】京都地裁

【資料写真】京都地裁

 京都府暴力追放運動推進センター(京都市上京区)が伏見区の暴力団「心誠会」事務所の使用差し止めを求めた仮処分申請で、京都地裁は27日までに、センター側の主張を認め、暴力団事務所としての使用を禁止する決定をした。決定は20日付。

 心誠会は、山口組分裂に伴い内紛状態にあった指定暴力団の元六代目会津小鉄会傘下組織。同センターが2017年6月、事務所周辺で将来的に抗争が起き、住民の安全が脅かされる恐れがあるとして、事務所の使用差し止めを求めて仮処分を申請し、地裁がこれを認める決定をしていた。

 しかし、府公安委員会が今年4月、六代目会津小鉄会の名称を「七代目会津小鉄会」に変更し、心誠会と対立する傘下組織「いろは会」の会長(76)を代表者に決定。心誠会が会津小鉄会傘下でなくなったことから、同センターが同月、あらためて心誠会の事務所使用禁止を求め、地裁に申し立てをしていた。

 12年の改正暴対法で、暴追センターが住民の委託を受け、事務所の使用差し止めを求める代理訴訟が認められた。センターによると、同法に基づく代理訴訟で、指定暴力団以外の暴力団事務所に対し、使用差し止めが命じられるのは全国初という。