京都工学院監督の大島(京都市伏見区・同高トレーニングルーム)

京都工学院監督の大島(京都市伏見区・同高トレーニングルーム)

伏見工の全国高校大会成績

伏見工の全国高校大会成績

 生駒山からの強風に加え、氷雨まで降ってきた。2001年1月7日、花園ラグビー場。第80回全国高校大会決勝で伏見工(京都)が21―3で佐賀工を下し、8年ぶり3度目の優勝に輝いた。


 「フシミ」は20年ごとに物語を紡いできた。現総監督の山口良治(77)が率い、TVドラマ「スクール☆ウォーズ」でも描かれた初優勝は60回大会(1980年度)。当時スクラムハーフだった高崎利明(58)が監督となって優勝したのが80回大会(2000年度)。そして今冬、100回大会に挑む後継校の京都工学院を率いるのは、20年前に主将を務めた大島淳史監督(37)だ。
 現在、伏見工は定時制だけになり、その閉校が4年後に迫っている。「スクール☆ウォーズ」のその後の物語をつづる。

       ☆

 観客席で監督の高崎(当時38)は冷たい雨に打たれていた。隣には総監督の山口(当時57)。びしょ濡れのスーツ姿だった2人は勝利が決まると固く抱き合った。20年前は山口に率いられ全国頂点に立った高崎が、今度は監督として教え子と優勝を果たしたのだ。
       ☆
 カチャ、カチャ、カチャ。高まる興奮を抑えきれないのか、試合前のロッカールームからはスパイクを踏み鳴らす乾いた音が聞こえてきた。嗚咽(おえつ)も漏れる。「さあ、もういいだろう。集まろう」と声をかけたのは山口だ。当時の3年生は28人。ベンチ入りから外れた7人が決勝に挑む仲間たちに、一言ずつ思いを告げていく。
 「絶対に勝ってくれよ」「優勝だけを待ってるからな」。気持ちが高ぶり、途中からは言葉にならない。メンバーも泣き始めた。
 「しんどい場面が必ずやって来る、その時は応援席にいる仲間を見ろ。仲間のことを思って闘おう。60分後、優勝しているのはフシミだ。よし、行ってこい」。山口がそう言って選手を送り出した。
       ☆
 1980年度の60回大会で高崎は平尾誠二(故人)とハーフ団を組み、大工大高(現常翔学園)を7―3で破って初優勝。中学教諭を経て94年に伏見工教諭となり、ラグビー部コーチに。98年に山口の跡を継いで監督になった。
 80回大会は監督3年目。前年に熊本西に0―7で初戦敗退を喫する苦渋も味わい「全国ベスト8に進出して当然という時代。自分の未熟さもあった」。それだけに、日本一という山を登り切った喜びは大きく「背負った重さが軽く感じた。あの優勝がなければ重圧がずっと続いたと思う」。その後の指導にも余裕ができたという。
 数年後には「脱スクール☆ウォーズ」も宣言。「校舎のガラス窓が割れている」「廊下をバイクが走る」など過去のイメージとは決別した。TVドラマとは違い「きちんとしている生徒が入学している実情を知ってほしかった」。良い学校だからと、自信を持って長男も進学させた。