子どもたちと一緒に体操を楽しむ3体。左から「たけ」「のこ」「りん」(京都市南区)

子どもたちと一緒に体操を楽しむ3体。左から「たけ」「のこ」「りん」(京都市南区)

 昨年9月に誕生した京都府向日市のキャラクター「たけ」「のこ」「りん」のお披露目イベントが29日、京都市南区のイオンモール京都桂川であった。3体は、集まった人々に迎えられ、子どもたちと一緒に「たけのこりん体操」を楽しんだ。

 3体はこれまで、広報誌などに登場していたが、このほど着ぐるみとしてのデビューを果たした。タケノコをモチーフにしており、チャーミングな表情がそれぞれ異なる。

 ステージでは、「かわいい」「大きいね」などの声とともに拍手で迎えられた。市職員らと向日市の魅力を紹介した後、「たけのこりん体操」を披露。子どもたちは3体とともに練習し、最後は全員で楽しく踊った。

 また、市と佐川印刷(同市森本町)が作成した、来場者とキャラクターの記念写真を載せた号外新聞も渡された。イベントは、30日午前11時からも開かれる。