滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は23日、近江八幡市立総合医療センター(同市土田町)の30代女性看護師1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。看護師は感染症病床の担当ではなく、同センターには11日以降感染者は入院していないという。県は、院内感染の可能性は低いとしている。県内での感染確認は計100人となった。

 県によると、看護師は17日から発熱や頭痛、けん怠感などの症状があり、いったん熱が下がった後に味覚・嗅覚障害が現れ、23日に検査で陽性と分かった。出勤したのは15日までで、16日から自宅で過ごしていた。同僚ら濃厚接触者5人のうち1人が症状を訴えているという。