舞鶴市役所

舞鶴市役所

 舞鶴市消防本部(京都府舞鶴市)は25日、放火と疑われる火災が今月、市内で3件発生した、と発表した。同本部は警戒を強化するとともに市民に注意を呼び掛けている。

 同本部によると、北吸の住宅のカーポートに干されていた洗濯物が焼ける事案が9日に発生。11日は北吸の地下道の看板が燃え、18日には浜のアパートの郵便受けのチラシが焼かれた。いずれも火の気がないことから放火の疑いがあるという。
 同本部は消防車両による夜間巡回を始め、火災が発生した周辺地域に注意喚起のリーフレットを配布。放火を防ぐため、家の周りに燃えやすい物を放置しないことや夜間点灯する外灯を使うことなどを呼び掛けている。