京都府内の銭湯を紹介する組合のホームページ

京都府内の銭湯を紹介する組合のホームページ

 京都府公衆浴場業生活衛生同業組合(京都市中京区)は、府内の銭湯を紹介するホームページ(HP)をリニューアルした。お気に入りの銭湯を簡単に探せるよう検索機能を強化、向上させた。広い湯船の中でゆったり手足を伸ばせる「銭湯文化」を楽しむ外国人が増えていることから、英語版と中国語版も新設した。

 新しいホームページのタイトルは「京都銭湯」。落ち着いた色調と寺や鳥居のイラストの京都らしいデザインで、府内約120カ所の銭湯の設備概要や地図、外観と浴槽のカラー写真、PRポイントを掲載する。

 「深風呂」「ジェット風呂」「露天風呂」「サウナ」「午前営業」「深夜営業(24時以降も営業)」といった条件を満たす銭湯を、各市や行政区ごとに検索できる。

 また、「ゆず湯」や「ハーブ湯」など季節ごとに実施されるイベントの情報を順次公開。銭湯に入る際のマナーや浴槽の種類も詳しく説明している。

 組合の岡崎泰昌常務理事は「スマートフォンでも見やすくなり、格段に使いやすくなった。気に入った銭湯を見つけてほしい」と話す。