旧海軍の熊野式Z型(1931年式)合成調理器(海軍厨業管理教科書より)

旧海軍の熊野式Z型(1931年式)合成調理器(海軍厨業管理教科書より)

ウェブ上で初めて公開された「海軍厨業管理教科書」(右)など

ウェブ上で初めて公開された「海軍厨業管理教科書」(右)など

ウェブで初公開された、旧海軍編さんの料理教科書(舞鶴市北吸・市役所)

ウェブで初公開された、旧海軍編さんの料理教科書(舞鶴市北吸・市役所)

 京都府舞鶴市は、旧海軍の洋食文化を全国に発信しようと、旧海軍が調理員育成のため編さんした「海軍割烹術参考書」など3冊の料理教科書をウェブ上で初めて公開している。計約450のレシピが掲載されており、市担当者は「新型コロナウイルス感染拡大防止のため、なかなか外に出られない状況の今、ぜひ家庭で試してもらえたら」と呼び掛けている。

 3冊は、いずれも同市の海上自衛隊第4術科学校所蔵で、1908年発行の「海軍割烹術参考書」、18年の「海軍四等主計兵厨業教科書」、38年の「海軍厨業管理教科書」。

 割烹術参考書には、カレーやチキンライス、プリン、厨業教科書には、英海軍が船員の「壊血病」予防のために製造したレモネード、管理教科書には、肉じゃがのルーツとされる「甘煮」などの調理法が掲載されている。

 割烹術参考書は、現代語訳した復刻版が発行、販売されているが、残り2冊の公開は初めて。市観光振興課は、「近代化の歴史をたどり、自宅で過ごす際のメニューの参考にしてもらえれば」と期待する。

 来年の舞鶴鎮守府開庁120年に向けた事業の一環で、文化庁の補助金を活用。3月から公開している。同ウイルスの感染拡大終息後には、市内外に海軍メニューの活用を呼び掛けていくという。