宇治市役所

宇治市役所

 京都府宇治市は26日、新型コロナウイルスの緊急経済対策として国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について、27日午後5時でオンライン申請の受け付けをいったん中止すると発表した。世帯主以外からの申請など内容不備が全体の3割超に達し、市職員らが対応に追われているため。郵送申請の書類を市内全世帯に発送する27日を機に、受け付けを郵送に一本化する。

 市によると、オンライン申請の受け付けは5月11日に開始し、26日までに1990件の申請があった。しかし名前や住所などの誤記入のほか、親など同居する別世帯を含めての申請、同一の人からの複数回申請などの不備が多く見つかり、市職員らが審査や確認に時間を要しているという。
 対応する市職員らの数が限られる中、27日には郵送申請の書類を市内の約8万5千世帯に発送するため、今後、郵送申請の受け付けと処理が本格化する。より多くの申請が見込まれる郵送申請分の給付金支給が遅れないためにも、同市は「本意ではないが、オンラインの受け付けを中止する」とした。再開日は未定。
 同市危機管理室は「郵送申請の書類には世帯主や家族の名前、住所などをあらかじめ印字して発送するので、内容不備のリスクが少ない」としている