京都市役所

京都市役所

 京都市は26日、新型コロナウイルスに感染して入院中だった市内の70代の男性が死亡したと発表した。府内の死亡者は計16人になった。


 男性は4月上旬、発熱と肺炎の症状があり、検査で陰性とされたが、その後重症化。別の病院で再度検査し、同月19日に陽性が判明した。男性には基礎疾患があったという。
 また府と市の発表によると26日の新たな感染者はゼロで、新規感染者は12日連続で確認されていない。