居酒屋チェーン大手のワタミは27日、国内店舗の約1割に当たる不採算店舗65店を2020年度中に閉店すると発表した。新型コロナウイルス感染症の影響で業績見通しが厳しい店舗を閉鎖し、収益改善を目指す。